迷物ブランド講座

宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> その他

ワーキング・プア

この前の日曜日(7月23日)にみたNHKスペシャル 「ワーキング・プア」は,なかなか考えさせられる番組でした。

働いても働いても豊かになれない「ワーキング・プア」と呼ばれる貧困層が急激に拡大しているらしいです。

働いているのに,生活保護水準以下の暮らししかできない世帯が400万もあるといいます。

宅建試験の出題範囲でもある「平成15年の住宅・土地統計調査」では,わが国の総世帯数は4,726万なので,一割近くが「ワーキング・プア」世帯ということになります。

都会では「住所不定無職」の若者が急増し,大学や高校を卒業してもなかなか定職に就けず,日雇いの仕事で命をつないでいる人もいるといいます。

にわかには信じがたい番組でしたが,ここ数年,何かが変わっていることは,生活実感として私にもわかります。

この番組では,「ワーキング・プア」の増加は,小泉首相をはじめとする新自由主義者の「弱者切り捨て」に原因があるようなことを匂わせていましたが,私は違うと思います。

産業構造が変化したのが,主因だろうと思っています。

コンピュータの発達・国際化等によって,「仕事自体が沈没」しちゃったのです。

農業沈没の兆しはだいぶ前から知られているし,デジカメの出現で,街の写真屋さん(DPE)は,ほとんどが沈没しちゃいました。

番組で取り上げていた洋服職人(1級技能士)は,最近全然仕事がないといいます。 これも「仕事自体が沈没」した例だと思います。

大型店の台頭によって,いくら腕が良くても,昔ながらの職人が出る幕はなくなってしまったのです。

大型店は,日本の1割以下の工賃でどんどん中国にスーツを発注しています。

コンピュータの発達は,熟練工をますます必要としなくなっているのです。

これからは職人以外の世界でも,「仕事自体の沈没」が増えて行くと思います。

コンピュータで代替できる仕事は,すぐにでも危ないです。

司法書士・行政書士などの士業も安心してはいられません。

サラリーマンの世界でも,すでに正社員は狭き門で,3人に1人が非正規雇用で働いているらしいです,これも産業構造の変化に主因があるような気がしてなりません。

平成18年7月28日(金)記




宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> その他