迷物ブランド講座

宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> その他

デジタルネイティブの光と影

(1)

11月10日(月曜日)に放映されたNHKスペシャルを見てから,ここ2~3日ずっと考えていました。

この番組のタイトルは「デジタルネイティブ」です。

子どものころから,インターネットを水や空気のように使いこなしてきた若者を「デジタルネイティブ」と呼ぶそうですが,そういう若者たちがネット上のつながりをベースに,これまでの常識では考えられない影響を世界に及ぼしつつある,という話でした。

13歳でインターネットを駆使して起業し全米の注目を集めている少年,ネット上に200ヵ国の若者が参加する「国際機関的なもの」を作り上げてしまった若者などが紹介されていました。

(2)

若者たちが世界の常識を変えつつあるのは,デジタルネイティブの光の部分です。

でも光を演出できるのは,これから何年経っても,ほんの一部の若者に限られるような気がしてなりません。

世代的にはデジタルネイティブでも,99パーセント以上の若者は,世に言うスパマーに成り下がるしか道は無いように思うのです。

デジタルネイティブの少し上の年代,現在25歳より上の年代の人たちのインターネットでの行動を観察していると,そんな風に心配せざるを得ません。

(3)

私なりに,現在25歳より上の年代の人たちのインターネットでの行動を観察してみると,こうなります。

過半数は,インターネットを閲覧するだけの人。
ブログを書くこともなく,現実社会にしっかりとした足場がある人たちです。

残りの3割前後が,自分からもインターネットで何らかの情報を発信したいと思っている人。
ブログを書いたり,ミクシーをやっている人たちなんかがそうです。

ブログ派やミクシー派も,半分以上は,現実社会にしっかりとした足場がある人たちだと思います。

でも,ブログ派やミクシー派の一部が,現在すでにスパマーに成り下がっています。

デジタルネイティブ世代がもっと大きくなると,現在より何倍ものスパマーが増産されるのではなかろうか。私は,こういう心配をしているのです。

冒頭のNHKスペシャルでは,こんな事には一切触れませんでしたが…。

(4)

スパマーの意味はハッキリしませんが,「ネット上で不特定多数を相手に迷惑行為をする人間」と定義づけると,ネット社会がスパマーだらけになってしまう前兆は,すでにいろいろな所で観察できます。

スパムメールを送るやつは有名ですが,それに限りません。

他人のブログに無関係なトラックバックやコメントを送るやつも,スパマーです。

ブログ記事の自動生成ツールでURLを増産させるやつも,グーグルやヤフーの検索品質を下げるので,立派なスパマーです。

まだまだ有ります。

定義を厳しくすれば,アフィリエイトで収入を得ようとするやつは,スパマーです。

まあ最後のアフィリエイトの点は,グーグルやヤフー等の地主様が煽っている面があるので,スパマーと決めつけるのは可哀想な気もしますが,武士道的な私の古い基準で言えば,「せこい」し「チマチマ」していて迷惑なので,やっぱりスパマーです。

(5)

好き勝手に書いていますが,結局言いたい事はこうなんです。

いつの世にも,天才は出現します。

13歳でインターネットを駆使して起業し全米の注目を集めている少年は,デジタルネイティブなんていう言葉を使わなくても天才です。

そしていつの世にも,天才の影には,その何万倍もの凡人がいます。

ただそれだけの話ではないかと…。

現在すでにスパマーになっている人も,凡人に過ぎません。
ただそれだけ…。

凡人とは何かと言うと,独創的なものを創れない人たちです。

だから猿マネになります。
アフィリエイトが稼げると聞けば,アマゾンで指南書を買ってきてマネしているだけ…

(6)

現在のほとんどの凡人は,「人の物は盗まないけど信号無視はする」人たちです。

その倫理観を少しだけ改め,「人の物は盗まないし信号無視もしない」ようにしてくれれば,ネット社会がスパマーだらけになってしまうという私の心配はハズレると思うのですが…。

ちなみに私は,「人の物は盗まないし信号無視もしない」凡人です。

凡人どうし平和に暮したいものです!

平成20年11月14日(金)記




宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> その他