迷物ブランド講座

宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> その他

正月髑髏の話

(1)

明けましてオメデトウございます。
ようやく年が越せた迷物講師です。

(2)

大晦日にテレビを見ていたら,「アンタ! 年を取るのはいやがるくせに,年を越すのは喜ぶのね。オメデタイ人!」なんていうCMが流れていました(スズキ自動車のCM)。

この矛盾,良~く分かる年になっちゃたです。

(3)

このCMで,私は一休禅師を思い出しました。

奇抜な言動で知られた一休さんは,皆んなが「明けましてオメデトウございます」なんて挨拶を交わしているお正月の朝,竹ざおの先に髑髏(どくろ。人間の頭蓋骨)をくくりつけ, 「門松は冥土の旅の一里塚,メデタクも有りメデタクも無し」なんて言いながら京の街を練り歩いていたとか…。

(4)

昔は,すべての日本人が,元旦になると1つ年を取りました。
これを「数え年」と言います。

だから昔の人は,元旦が来るたびに,一歩ずつ冥土に近づいて行ったのです。

一休さんは室町時代のお坊さんですが,すべての人間が必ず鬼籍に入り,やがてはどんな優秀な頭脳でも髑髏と化すことは,今も昔も変わりません。

とすれば,あと何回お正月を迎えられるか分からない凡人としては,少しでも善い行いをしよう,と改めて意識した平成24年のお正月です。
やっぱりセコイ事はダメですね。

今年もヨロシクお願い致します!


平成24年1月3日(火)記


宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> その他