迷物ブランド講座

宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> その他

もっとも効果的な節電対策

きょう,千葉県船橋市は暑かったです。
そこで,もっとも効果的な節電対策を一席申し上げます。

(1)

携帯やスマホで,宅建関連のサイトにアクセスしたとします。

迷物講師運営の宅建倶楽部を見た時は1時間で電池切れになってしまうけれど,某大手予備校を見た時は1.7倍電池が長持ちしました。

モバイル機器節電の観点から,受験者の皆さまは当然,某大手予備校のサイトを好ましく思うでしょう。

(2)

以上は,現実にはあり得ない話です。

大手のほうが宅建倶楽部よりモバイル機器の節電になる,なんて技術はまだ無いからです。

(3)

では,こんな話はどうでしょうか?

節電が叫ばれる昨今,家庭用エアコン1台を止める事にしました。

この場合,野村総合研究所作成の資料によると,130ワットの節電になるそうです。

同資料によると,使用していない家電製品のコンセントを全部抜いても6ワットの節電効果しか期待できないので,家庭用エアコン1台を止めると,相当な効果が有りそうですね。

それで各テレビ局は,「エアコンは使わないようにしよう」,「エアコンの設定温度を2度下げよう」などと,国民に向け大キャンペーンを張っているわけです。

野村総合研究所作成の資料によると,家庭用エアコン1台の設定温度を2度下げただけでも,26ワットの節電効果が期待できるとの事。

(4)

じゃ,私生活も真面目(?)な宅建受験者の皆さま!

エアコンを使わない,設定温度を下げるのが,もっとも効果的な節電対策と思っていませんか? まだ甘いです。

一番効果的な節電対策,実は「テレビ(液晶)をこまめに消す」事なんです!
それだけで,220ワットの節電効果が期待できます。

野村総合研究所の資料によると,家庭用エアコン1台を止めると130ワットの節電,テレビをこまめに消すと220ワットの節電です。
だから,家庭用エアコン1台を止めるのに比べると無駄にテレビを見ないようにするのは1.7倍の節電効果なんですね。

そんな事,それで飯を食っているテレビ局じゃ全然言えませんよね。
商業主義の裏がチラッと見えたような気がしませんか?



この記事で引用した野村総合研究所の資料(PDFファイル)


平成24年5月23日(水)記


宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> その他