迷物ブランド講座

宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 楽に合格する話

日本語の「ねじれ」

日本語の「ねじれ」に鈍感な人が多いです。

(1)

「法律は知っていることは,現代社会において重要である。」
この文章には,初歩的な「ねじれ」があります。

「法律知っていることは,現代社会において重要である。」
とすべきです。

(2)

じゃ,こんな文章はどうでしょうか?

「売主を宅地建物取引業者であるA,買主を宅地建物取引業者でないBとの宅地の売買契約において,宅地建物取引業法第37条の2の規定に基づく売買契約の解除に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。」

これにも「ねじれ」があります。

「売主を宅地建物取引業者であるA,買主を宅地建物取引業者でないBとする宅地の売買契約に おいて,宅地建物取引業法第37条の2の規定に基づく売買契約の解除に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。」
とすべきです。

私がこういう指摘をすると,「そんなの意味が通じればどうでもイイじゃん!」,と内心思っている人がいるでしょう。

そういう人は,来年も宅建受験者として「立派に現役」をやっていることが多いので,少し反省してくれればと思います。

ちなみに,上の「ねじれ」文章は,平成16年度宅建試験[問42]の問題文です。
情けない!

平成17年7月2日(土)記




宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 楽に合格する話