迷物ブランド講座

宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 楽に合格する話

スランプ

スランプとは,頑張ったけど,芽が出ないと感じてしまうことです。

したがって,スランプになる人には,
(1)頑張った!
(2)芽が出ないと感じている!
という,二つの要素が介在していることになります。

とすれば,スランプにならない方法は二つあります。
一つは,頑張らないことです。
でも,頑張らないと宅建に合格できないので,これは現実的じゃないです。

もう一つは,芽が出ないと感じないことです。
こちらには,有力な方法があります。

答案練習しなければイイです。
答案練習しなければ,自分の実力を感じることはありません。
実力を感じなければ,芽が出ないと思うこともないから,スランプはやって来ません。

もう少し話を進めます。

私は,予備校が開催する「模擬試験」に参加するな,と言っているのではないです。

ふだんの勉強で答案練習しちゃダメ,と言っているのです。

もっと言えば,過去問は解説を読みながらやれ,ということです。

受験者のほどんどは,
(イ)ちょっと勉強しただけで,出来るかどうか確かめようとします。
(ロ)早い時期に弱点を発見したいと思います。
そこで,参考書を少し読んだだけなのに,何も見ないで問題を解こうとするのです。

でもね,ちょっと勉強したくらいで確かめようとするのは,その人の弱さです。
不安に負けているだけ。
確かめても,実力が上がるわけじゃないです。

何も見ないで問題を解いても,弱点の発見が効率的にできることもないです。

弱点というのは,20個のうち1つか2つだから弱点なのであって,ちょっと勉強しただけの段階では,20個のうち15個くらいが不正確な知識のはず。

だから,「弱点が多すぎるなあ~」 と感じちゃって,逆に,スランプの引き金になるのです。

過去問は解説を読みながらやろう


参考書を1~2回読んだ段階で,書いてあることが理解できずに落ち込んでいる人がいます。これはスランプとは言いません。単なる勉強不足か,その参考書が合わないかのどちらかです。

平成18年8月6日(日)記




宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 楽に合格する話