迷物ブランド講座

宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 楽に合格する話

記憶に定着するの?

過去問は解説を読みながらやろう!」と私が言うと,「最初から答が分かっていて記憶に定着するの?」と反論する人が,必ず出てきます。

なるほど,何も見ないで過去問を解いたお陰で記憶に定着する問題は,確かにあります。
間違えたので印象に残った,というやつです。

でも,このような問題は非常に少ないです。
間違えたので印象に残る問題って結構多いよ,と思っている人がいたら,普通にヤバイです。
法律の勉強のしかた自体に欠陥があるかも…。

「間違えないでも印象に残る勉強」をしなきゃダメです。
間違えたので印象に残る勉強法なんか,はっきり言って邪道。

法律の勉強は,かならず「感動を先行」させましょう。
その感動があったお陰で,いやでもその知識が印象に残った,という勉強です。
宅建では,暗記中心主義の子供時代の勉強法は,あまり通用しません。

ふだん参考書・過去問集を読み込みながら,
「宅建業法ってこういう法律だったのか!」
「農地法3条と4条は,こういう違いがあったのか!」
という感動につながる言い回しをいつも探そうじゃないですか。

まだ間に合います。

もう感動しているヒマなんかないと思わないで,自分の参考書を探してみましょう。
そして,その感動と過去問の知識とをリンクさせるのです。
これこそ,まさに宅建試験の王道と心得るべし!

以上のことを履き違えると,なかなか点数が伸びないはずです。
スランプ回避のためにも,やっぱり過去問は解説を読みながらやろう

平成18年8月7日(月)記




宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 楽に合格する話