迷物ブランド講座

宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 楽に合格する話

情報処理と宅建試験

(1)情報処理のされ方

一般に情報は,
【目で見る】
【耳で聴く】
【体感する】

の三つで処理されます。

われわれは,
【目で見る】
【耳で聴く】
【体感する】
の三つを適当に組み合わせて,毎日いろいろな情報を処理しています。

ただこの三つは,人によって得意なパターンがあります。

【目で見る】のが得意な人
【耳で聴く】のが得意な人
【体感する】のが得意な人
に分かれます。

全部が同じくらい得意な人は,まずいないでしょう。

(2)情報を【目で見る】のが得意な人

日本人に圧倒的に多いのは,情報を【目で見る】のが得意なタイプです。

「人と話す時は相手の目を見なさい!」なんて注意する上司・親・先生が多いですが,これは,注意する上司・親・先生が情報を【目で見る】のが得意な証拠です。

そして,【目で見る】のが得意なタイプは,情報処理のスピードが早いです。

車やバイクの運転が得意な皆さんは,納得して頂けると思います。

【目で見る】情報処理が遅かったら,すぐに事故を起こしちゃいますよね。

(3)宅建合格に有利なタイプは?

皆さんは,情報を【目で見る】のが得意なタイプは,情報処理のスピードも早いので,宅建試験合格に有利だと思うでしょ?

でも,これは違います。
情報を【目で見る】のが得意なタイプは宅建合格に一番不利です
【目で見る】のが得意なタイプは,情報処理のスピードの早さがガンになるからです。

そもそも宅建合格には「物を考える力」が必要です。
これは,言い換えれば「じっくり味わう」力が必要ということです。

なぜそうなるんだ?
と「じっくり味わう」ことが,物を考えることに他なりません。

情報処理のスピードの早さは,「じっくり味わう」ことの正反対に位置するのです。

(4)対策

情報を【目で見る】のが得意なタイプは,宅建合格に一番不利だとすれば大変です。

次のような対策を早めに立てて下さい。

(イ)【耳で聴く】タイプの情報処理を強化する

情報を【耳で聴く】のが得意な人は,上司・親・先生から,「人と話す時は相手の目を見なさい!」なんて注意されちゃうタイプです。

一見,コミュニケーション能力に欠けている人のようですが,私に言わせれば,とんでもないです。

宅建合格に有利なタイプです。
情報を【耳で聴く】のが得意な人は,情報に一生懸命耳を傾けようとするあまり,どうしても目線が下になります。
それで,上司・親・先生から注意されちゃうだけ…。
情報を「じっくり味わう」タイプだからこそ,目線が下になるのです。

だから,情報を【目で見る】のが得意な人は,【耳で聴く】タイプの情報処理を強化すべきです。

具体的には,参考書を自分で棒読みして,携帯音楽プレーヤーやボイスレコーダーに録音して持ち歩きながら「じっくり味わう」方法なんかが,【耳で聴く】タイプの情報処理の強化につながります。

(ロ)【体感する】タイプの情報処理を強化する

情報を【体感する】のが得意なタイプは,スポーツ経験者に多いです。

一見,スポーツと宅建の勉強は無関係なようですが,私に言わせれば,とんでもないです。

情報を【耳で聴く】のが得意な人と同じくらい,宅建合格に有利なタイプです。

情報を【体感する】のが得意な人は,自分で実際にやってみなければ納得できません。

これは,宅建の勉強では「早く問題(過去問)に触れたくなる」タイプです。
こういう人は,抽象的な理屈より具体的な情報を信用するので,問題が出来てナンボ! の宅建試験には有利です。

だから,情報を【目で見る】のが得意な人は,【体感する】タイプの情報処理を強化すべきです。

具体的には,参考書を読みっぱなしにせず,一日少しでもいいから,その日読んだことに関する過去問に必ず触れてみることが,【体感する】タイプの情報処理の強化につながります。

平成20年9月24日(水)記




宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 楽に合格する話