迷物ブランド講座

宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 楽に合格する話

更新:平成22年11月7日(日)

宅建は法律の入門資格なので…

きょうは,法律の入門資格である宅建試験の傾向と対策について,経済学的(?)な角度から切り込みます。

(1)傾向

宅建試験は法律の入門資格なので,
イ.受験者は,他の法律系資格より多い
ロ.受験者は,教材の品質を見分けるのが困難
ハ.合格者は,未熟な体験でも受験者に披露したくなる
二.合格者は,三百代言(的外れなアドバイス)してもバレない
という一次的傾向を示します。

このような傾向のために,
A.関係者が,受験者をケムに巻くのは簡単
B.関係者が,受験界のカリスマを装うのも簡単
という二次的傾向が示されます。

その結果どうなるか?

「合格できない宅建講座・教材」が粗製乱造されます。

(2)対策

悪貨が良貨を駆逐するのは,ある意味,自由経済・宣伝社会の宿命です。

したがって,「合格できない宅建講座・教材」の粗製乱造を排除することは,極めて困難です。

消費者が入門者であることから,商品を見分ける目を持てない宅建では,なおさらです。

しかし,私は諦めません!

・イヌの遠吠え
・ごまめの歯ぎしり
と言われようがなんだろうが「一寸の虫にも五分の魂」です。

「合格できない宅建講座・教材」は,ぜひ駆逐したいです。
今もファンタ【特別室】を新設するなど,いろいろ試行錯誤してます。

平成20年12月17日(水)記
平成22年11月 7日(日)追記


宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 楽に合格する話