迷物ブランド講座

宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 楽に合格する話

「宅建業法出題数20問時代」の対処法

(1)

平成21年度(2009年度)の宅建試験から,宅建業法の出題数が20問になります。

宅建業法が全体(全50問)の4割も出題されるようになるので,今年の宅建業法の対処法が話題になってます。

(2)

「宅建業法出題数20問時代」の対処法のポイントを言えば,「広く浅く正確に」です。

「広く浅く正確に」は,宅建業法に限らない宅建試験合格の極意です!

(3)

これについて,私が心配してることがあります。

それは,「今年から,宅建業法は『細かい事』まで勉強しないと対処できない」という考えが広まることです。

現に,そのような考え方を広めている関係者がいます。

でも,『細かい事』を勉強するのは,「広く浅く正確に」という宅建合格の極意に反することを,絶対に忘れないで下さい。

(4)

『細かい事』を知っていることは,別に悪いことじゃないです。

しかし,何事にも優先順位があります。

宅建の勉強で言えば,最も優先させるべきは「その科目の基本」です。

基本が頭に入っていて,時間的な余裕があれば,『細かい事』を知っていることは,悪いことじゃないということです。

そうじゃなくて,「その科目の基本」さえ頭に入ってないのに,『細かい事』に手を出したら,大変な事になります。

(5)

抽象的な事を言ってもなかなか信じてもらえないので,すでに数ヶ月以上宅建業法を勉強して来た人を対象に,基本が出来ているかをテストしてみます!

(第1問)

「変更の登録」と「変更の届出」は,ひと言で表現すると,どう違いますか?

(第2問)

「廃業等の届出」と「死亡等の届出」は,ひと言で表現すると,どう違いますか?

(第3問)

「免許証の書換え交付申請」と「主任者証の書換え交付申請」の共通項を,ひと言で表現できますか?

(6)

上の問題が分かっている人は,一応,宅建業法の基本が頭に入っていると評価できます。

そうじゃない人は,『細かい事』に手を出す前に,必ず,上の問題程度には答えられるようにしておかないと,相当ヤバイです。

(7)

一般に宅建の参考書は,「変更の登録」「変更の届出」「廃業等の届出」「死亡等の届出」などが箇条書き的に記述され,何の脈絡もなく覚えさせようとします。

だから,これらの「違い」や「共通項」を理解するのに結構時間が掛かってしまい,その反動として,他の科目の勉強時間にまで悪影響を及ぼします。

すでに数ヶ月以上宅建業法を勉強して来たのに,上の問題が分からなかった人は,10月の本試験まで半年あることに期待して,これからは『細かい事』に手を出す前に,こういう基本を意識的に優先させるようにして下さい。お願いします。

それが,結局は一番点が稼げます。

こういうやり方が,どんな学問でも王道です。



平成21年4月7日(火)記




宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 楽に合格する話