迷物ブランド講座

宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 楽に合格する話

宅建の勉強は,すればするほど知らないことが増える

(1)

台風18号が太平洋上に抜け,今日は秋晴れの所が多くなるかも知れませんね。
でも,心はどこか晴れない受験者の方も多いのではないでしょうか?
その原因のほとんどは,本試験への不安だと思います。

(2)

不安が生じるのは,勉強している証拠ですよ!

合格する人は,今の時期勉強してるのは当たり前なので,合格圏内にいる受験者は,そのほとんどが不安を抱えています。

(3)

皆さんは,勉強というのは「すればするほど,知らないことが減る」と思っているでしょ?
でも,法律の学習に,これは当てはまりません。

法律の勉強は,「すればするほど,知らないことが増える」のです。

(4)

私たちが中学や高校時代にやっていた勉強は,機械的な丸暗記が結構幅をきかせていましたね。
勉強の対象が機械的な丸暗記であれば,「すればするほど,知らないことが減る」のは当然です。

でも法律の勉強は,機械的な丸暗記じゃなく,意味のある学習です。
意味のある学習では,「すればするほど,知らないことが増える」のです。

(5)

例えば,物権の所を勉強したとします。

参考書には,「物権とは,物を直接・排他的に支配できる権利である」と書いてありました。

その場合,法律は意味のある学習なので,
・「物」って何だろう?
・「直接」ってどういう事?
・「排他的」の具体例は?
・「権利」って何?

などと,疑問がどんどん増えて行きます。

それらの疑問を解決できた人には,さらに,物権は債権とどう違うの? という新たな疑問が生じてくるでしょう。

それを解決できたとしても,借家権は債権とされているのに排他性があるのはなぜ? と,また疑問が生じてきます。

さらに疑問は続きます。

そもそも,民法が物権と債権に分けているのはなぜだろう? と。

このように,意味のある学習では,「すればするほど,知らないことが増える」のです。

(6)

意味のある学習では,すればするほど,知らないことが増えるので,どこかで見切りをつけて下さい。

法律の入門資格である宅建では,なおさらです。

ここを履き違えると,商業主義の餌食になりやすく,「先がない」「合格しにくい」「何年も受ける」,という事になります。 まじめな受験者ほど,陥りやすい傾向です。

(7)

不安を抱えている受験者の皆さん。

この時期,一つの事にこだわっちゃダメ。

どこかで「見切り」をつけ,あと1週間ですべての知識を全部見直せるような勉強をして下さい。

きょうの記事で,一人でも多くの「まじめな受験者」の不安を解消できれば,幸いです。

平成21年10月9日(金)記




宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 楽に合格する話