迷物ブランド講座

宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 楽に合格する話

次回の受験に向けて【№1】宅建試験には文章読解力が要求される

平成21年度の宅建試験は19万5千人が受験し,合格できなかった人は16万人もいました。相変わらず不合格率8割を超える,過酷な試験です。

そこで,次回に受験予定の皆さんのための合格戦略を,具体的に分析してみたいと思います。

分析は,できるだけ主観・感情を排除し論理的に行います。万人を納得させるには論理(理屈)しかないからです。

◆宅建試験には文章読解力が要求される◆

(1)そもそも宅建はどういう試験か

宅建は,印刷物として提供された50問(5問免除者は45問)の四択問題を読んで,主として正誤を判断し,マークシートに記入する方式の試験です。

印刷物として提供される文章はA4判で,読まされる問題文は25ページ前後です。それを,制限時間2時間(5問免除者は1時間50分)で解答しなければなりません。

したがって宅建は,制限時間内での文章読解力が要求される試験です。

独学にしろ予備校の世話になるにせよ,また,教材としてCDやDVDを使うにせよ,最終的に要求されるのは,印刷物として提供された文章の読解力です。

(2)宅建で要求される文章読解力とは何か

(イ)そもそも論

宅建の勉強内容のほぼ全部が法律です。
そして法律は社会科学であり,社会科学には必ず「社会的な意味」があります。

自然科学(理科系)の勉強は,物事の存否を学べば,通常はそれでオシマイです。理科で「カラスは黒い色をしている」と習えば,それに価値判断を加えることはできません。つまり,自然科学の法則は自然が作ったものなので,「カラスは黒い色をしている」という点について,われわれ人間が社会的な意味(例:なぜ白い色じゃダメなの?)を付け加えることはできません。カラスの勝手でしょ!という世界です。

でも社会科学(文科系)の勉強は,物事の存否(例:ある法律の存在)を学んでも,それでオシマイじゃないです。民法で「他人の物でも売れる」と習っても,それには必ず価値判断が加わります。社会科学の法則は人間社会が作ったものなので,「他人の物でも売れる」という点について,われわれ人間が社会的な意味(例:人様の物なのになぜ売れるんだ?)を付け加えなければならない宿命を負っています。

(ロ)社会的な意味を盛り込んで読めるチカラ

このように,社会科学(法律)が社会的な意味を付け加えなければならない学問である以上,宅建で要求される文章読解力も,社会的な意味を盛り込んで読めるチカラを指します。

ここを誤解して(あるいは知らないで),単に字面(じづら)を追うだけが宅建の参考書を読むことだと考えていると,どんな講座・教材を利用しても,いくらお金を使っても,不合格街道まっしぐらの危険が待っています。

次回は,社会的な意味とは何かについて書きます。

…づづく…

平成21年12月12日(土)記




宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 楽に合格する話