迷物ブランド講座

宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 楽に合格する話

ゴロ合わせの名人講師がする説教

(1)

私は主として昭和50年代に司法試験を受けてましたが,宅建と同様に,過去問をやっておく事はとても重要でした。

司法試験の場合は,口述式・論文式・択一式の過去問集が出回っていたのですが,私が一番悩んだのは択一式でした。

ま,宅建受験者の皆さんと同じですよ。

(2)

昭和40年代に流行した憲法の択一式過去問に,こんなのが有りました。

次の人権規定のうち,一番新しいものはどれか。

ワイマール憲法
スターリン憲法
ジェノサイド条約
世界人権宣言
ボン基本法

(3)

高校時代に社会科が得意だった人,あるいは大学で憲法を学んだ人でも,なかなかこの問題には正解できないでしょうね。

第二次世界大戦後に出来たの新旧関係が,まず出てこないからです。

ジェノサイド条約と世界人権宣言の採択日なんか,一日差しかありません。

(4)

でも,年代順のゴロ合わせを作っておくと,こんな問題は10秒で解けてしまったのです。
じゃ,そのゴロ合わせを紹介します。

ワイロで スタれた 日本は サイド 世界ボンと出る ★

上の問題の赤い字の部分と対応させれば分かりますよね。

そうすると,上の問題の正解はの「ボン基本法」となるのです。

ちなみに,このゴロ合わせの著作権者は私です。
この他にも,百以上の司法試験用のゴロ合わせを作りましたが,今でも結構使われているものがあって光栄です(司法試験用の著作権は一切放棄してます)。

(5)

せっかくなので,皆さんの一般教養を高めるために,20世紀の有名な人権規定が制定・採択・公布された年を,次に書いておきます。

ワイマール憲法
…1919年

スターリン憲法
…1936年

日本国憲法
…1946年

ジェノサイド条約(集団殺害罪の防止および処罰に関する条約)
…1948年12月9日

世界人権宣言
…1948年12月10日

ボン基本法(東西ドイツ統一後も使われている現在のドイツ憲法)
…1949年

(6)

迷物講師はゴロ合わせの名人だということが,少し理解できましたか?(笑)

その名人が,宅建試験に関してはまったく逆の事を書いているのが,次の記事です。ぜひ御一読を…。まだ間に合うかも知れません!

丸暗記やゴロあわせ(語呂合わせ)がダメな理由

平成22年8月26日(木)記




宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 楽に合格する話