迷物ブランド講座

宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 楽に合格する話

宅建を受験する人の8割が抱く共同幻想

(1)

毎年8月になると,ほとんどの受験者は,四択の過去問集を買って来てやり始めます。

でも,その人たちの多くは「落とし穴」にハマリます。

ここで「落とし穴」とは,この調子なら「直前に頑張れば何とかなりそう!」と期待を抱いちゃうことです。

(2)

四択問題は,マグレ当たりが4分の1あるので,勉強が少し進んで来ると,普通にやっていても,半分くらいは正解できるようになります。

そこで,「直前に頑張れば何とかなりそう!」,と期待を抱いちゃうんですね。

(3)

でもこの期待は,幻想に過ぎません。

宅建試験受験者の8割が抱く共同幻想です!

(4)

宅建を勝ち抜いた人には共通項がありまして,なんらかの形で,過去問を上手に料理していました。

成功率が一番高かったのが,最初に,四択問題を一肢ずつに分解したドリルをやる事でした。

しかも,その肢がなぜマルになるか,なぜバツになるかの理由が言えるようにしていました。

四択問題は,その後で,本試験の直前に,少しだけ,「問題形式に慣れる」ためにやった合格者が多かったです。

(5)

過去問をこのように料理すると,マグレ当たりを早い時期に知る事ができます。

結果,本試験でもマグレ当たりが非常に少なくなります。

これに気付かない人は,「本番ではニ択までは絞れるんだがなぁ~」,と愚痴が先行してしまいます。

人によっては何年も…。

(6)

宅建を受験する人と同じことを,24年もやっているオヤジからのアドバイスでした!

平成23年7月26日(火)記


宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 楽に合格する話