迷物ブランド講座

宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 講座・教材の話

今やってるのは子供の勉強じゃない!

「試験に出そうな所はすべて教えます!」というのが学習塾。
教えない所が出たら,親からの文句が半端じゃないからです。

悪いクチコミを呼び,そうなったら1年で潰れる塾もあります。
だから子供の学習塾では,細かい知識でも,とにかく詰め込もうとします。

数年前,学習塾での講師経験が相当長い人を面接したことがあります。
「どういう講師になりたいですか?」と聞くと,
「試験に出そうな所をすべて教えられる講師です!」と答えました。
細かいやり取りは忘れましたが,そのひと言が命取り,不採用です。

私は,資格試験の講師で一番大切なのは,
「受講者に余計な知識を植え付けないこと」にあると思ってます。
余計な知識を植え付け受講者を混乱させちゃうと,受験がスゴ~ク長引くからです。

言い方を換えると,
資格試験の予備校は,「必要な知識と不要な知識の区別が出来る」ようになるためだけに利用されるべきです。「知識を増やすだけ」を売り物にしている学校や予備校があったら,そんなのは世の中に存在しないほうがイイ!

知識は捨てるほうが難しいんです。
詳しくは宅建コラム【捨てることの難しさ】を読んで下さい。


上の面接は宅建倶楽部のスタッフのじゃありません。
他の学校から依頼されて,即戦力型の講師を私が代理面接したものです。

平成17年6月1日(水)記




宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 講座・教材の話