迷物ブランド講座

宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 講座・教材の話

営業マニュアル

人生において「無駄な努力は無い」と言う人が多いですね。

人間はいつにおいても「努力を放棄しちゃダメ」という意味では当たっていると思います。

しかし,資格試験の講師がこれを強調するのは,いかがなものか。
特に,本試験が終了したばかりの段階で,これを強調するのは良くないです。
合格率が低い試験では,なおさら。

今から20年前,
私が宅建講師をやり始めた頃,そこの予備校ではすでにマニュアルが出来ていました。
本試験終了直後の受講者に対する「励ましの言葉」です。

・ 無駄な努力はありません
・ 今回の努力は必ず活きます
・ 夢への扉は必ず開きます
・ また新たな気持ちで取り組みましょう
・ ローマは一日にして成らずです
・ あなたの志ほど尊いものはないです
・ また一緒に新しいスタートを切りましょう

この「励ましの言葉」,
実は,受講者全員に向けて発するものではなかったです。
合格の「可能性が低い」受講者にだけ使え,という指示でした。

それから20年経過して,いま,資格試験の講師が書いている各ブログを見てまわって驚きました。
20年前のマニュアルがより巧妙化してまだ生きているぞぉ~

頭のいい読者はもう気付いているでしょう。

当時から,この「励ましの言葉」には裏がありました。
受講者のことを思ってではなく,次年度も効率的に受講者をつなぎ留めるための営業マニュアルだったのです。

平成18年11月14日(火)記




宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 講座・教材の話