迷物ブランド講座

宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 講座・教材の話

個人情報で思うこと

さいきん娘が,ミクシー(mixi)の招待を受けました。
登録画面を開いて何やら打ち込んでいます。

私は,たまたまそこに居合わせたのですが,「実名」で登録しようとしているではないですか!

「をいをい,ちょっと待てよ!」と,さっそく制止しました。

20歳の女の子が実名で登録するのは,やっぱりヤバイです。
娘は怖さを全然意識していません。「何がいけないの?」と,キョトンとしています。

ネットでいつも「悪」と渡り合っているオヤジの娘とも思えない。
これは母親の遺伝だぁ~!

不思議に思う人がいるかも知れませんが,私の数多くの女性遍歴では,美人ほど警戒心がないです。
美人度と警戒心は反比例します。

うちの奥さんと**ちゃん!
パパは,大勢の人達が見てくれているブログで,君たちを美人と公言したことになるんだよ。喜びなさい!

いつも「匿名は大嫌い」と書いていますが,これは言うまでもなく,私のように大勢の人に情報を発信している者についてです。

それ以外の人は,個人情報を出来る限り隠さなければ絶対にダメです。

現在のネット社会は,これを読んでいる多くの「美人さん」が考えるほど,牧歌的じゃありません。ミクシーだって同じ。ヤクザも巡回しています。残念だけど…。

そこでふと思いました。

私は,大勢の人に情報を発信している立場です。
とすれば,宅建倶楽部のサイトを閲覧している何千人の人達に,もっともっと安心してもらう義務が有るな,と。
そんな風に思ったわけです。

そういう目でわがサイトを見回してみると,テキスト(文書)だらけですね。

画像や音声が少なすぎるし,宅建倶楽部のサイトを見てくれる人達は,スタッフの顔さえ知りません。

「人は見た目が9割」(竹内一郎著,新潮新書)ということもあるので,それじゃということで,実験的にスタッフの一人に写真をお願いしてみました。

多くの人に安心してもらうことは,やっぱり私のような者の義務です。

平成18年12月24日(日)記




宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 講座・教材の話