迷物ブランド講座

宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 昔の話

私のオススメ味噌ラーメン

今日は市立船橋高校(イチフナ)が全国高校サッカー選手権に出場します。
後援会(現役父母会)の一員として,東京の国立競技場まで応援に行って来ました。
トーナメント戦なので6回連続勝たないと優勝できませんが,まずは1回戦を突破しました。

帰り,奥さんと娘を連れて原宿で味噌ラーメンを食べて来ました。
なぜ原宿か。

国立競技場から車で10分もかからないという理由もありますが,原宿は私の懐かしい故郷の1つなのです。
昭和43年から昭和54年まで丸12年住んでた所です。

今でこそファッション・若者の街として有名ですが,当時の原宿は,その芽生えはあったものの閑静な住宅地でした。

昭和45年(1970年)頃,近所では3つの事が話題になっていたのを覚えています。

1つは,竹下通りにクレープを食べさせるお店が出来たことです。
今でもそのお店はありますが,経営者は変わっているようです。

もう1つは,私の家から100メートルの所に,ヤケニ流行っているブティックが出来たことです。
今をときめく山本寛斉さんのお店でした。

3つ目が,美味しい味噌ラーメンを食べさせるお店が,山本寛斉さんの隣に出来たことでした。

「札幌や」というお店で今でもやっています。
奥さんと娘を連れて味噌ラーメンを食べに行ったのは,そのお店です。

30年前の話をすると,オヤジさんは目をうるませて話を聞いてくれます。
このオヤジさんは,30年前に札幌から出てきて,1ヵ所でコツコツと30年間ラーメンを作り続けている人です。

店を大きくするわけでもなく,弟子を養成する様子もなく,タダ1人で黙々と30年間,何10万食もの味噌ラーメンを作り続けているのです。

原宿という最先端の場所で,こういう職人が今でもちゃんと存在しているのです。
明治通り東郷神社の三叉路を東に入ってすぐの所。

平成12年12月30日(土)記




宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 昔の話