迷物ブランド講座

宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 昔の話

菊は栄える葵は枯れる

「幕末以降現代までの日本の権力構造の研究」。
いかにもアカデミックなフレーズだけど,これって私の趣味。
こんなのが趣味になったのは,早くも中学生の時です。
オグチ君は「ニ葉よりカンバシ」ですな!

私の日本史好きは息子にも遺伝し,彼はすでに小学校4年で,「徳川慶喜がどうのこうの…」と父親に薀蓄(うんちく)を垂れていました。

表題の「菊は栄える葵(あおい)は枯れる」は,分かる皆さんも多いでしょうが,幕末から明治初期を端的に表現したものです。
菊は天皇家の紋章,葵は徳川家のそれですね。

私の中学は,東京都新宿区立四谷第一中学校(現四谷中学校)という所でした。
そこにスゴイ社会科の先生がいました。
黒羽清隆(くろはきよたか)先生です。

その黒羽先生が黒板に大きく書いたフレーズが,今でも忘れられない。「菊は栄える葵は枯れる」でした。

まさに「教育とは印象なり」です。
先生には,中学の学習指導要領を大幅に超えた日本史の話をうんとしてもらったお陰で,「菊は栄える葵は枯れる」は,この歳になっても夢に出てきます。

スゴイ先生は,中学校から高校の先生,最後は静岡大学の教授になられました。
でも,「佳人薄命」とは先生のためにあるような言葉で,1987年に53歳で帰らぬ人になってしまいました。

先生は「歴史を楽しむこと、歴史に参加すること」という入門書をはじめ,多数の著作を遺してくれています。

日本近代思想史家でもあった黒羽清隆先生のご冥福を,あらためてお祈り致します。


平成19年2月10日(土)記


宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 昔の話