迷物ブランド講座

宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 私生活

子供の応援

今日は少し寝不足だけど,息子と娘の試合があるので,掛け持ちで応援に行って来ました。

サッカーをやってる高2の息子は,今年の4月からヴィヴァイオ船橋というクラブチームに所属してます。
市立船橋高校のサッカー部を辞めたんじゃないので安心して下さい。

ヴィヴァイオ船橋は,実は市船のBチームのことです。
Aチームでレギュラーになれない子は,そのままでは公式戦での試合経験を積めないので,監督さんの計らいで,もう1つチームを作ったというワケです。

1つの高校で実質的に2つのAチームを作ったということで,ズイブン批判がありましたが,今はおさまっているようです。
そのヴィヴァイオ船橋とJEF市原のユースの試合が今日あったので応援してきました。

結果は2-0でヴィヴァイオが勝っちゃいました。
Jリーグのトップのすぐ下のチームに市船のBチームが勝っちゃった!

その足で,今度は中3の娘のバスケの応援に向かいました。
こっちは普通の中学校のチームですが,今日は県大会出場がかかっている大事な試合です。

前半はどうも動きが鈍く,娘のチームは負けたまま後半に突入しました。
後半徐々に追い上げては来たものの,終了3分前になっても4点差を縮められません。
終了1分前,相手の反則からフリースローになり2点差にまで詰め寄りました。
時間は刻々と過ぎていきます。

終了15秒前の土壇場。
ひとりの「美人さん」から放たれた華麗な3点シュートが見事に決まりました。
娘のチームは1点差の逆転勝利です。
あの3点シュート一発で県大会出場が決まりです。

イヤー!
きょうは出来過ぎなくらいイイ一日でしたよ。
だって3点シュートを放った「美人さん」って私の娘だったんです!

平成13年5月3日(木)記




宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 私生活