迷物ブランド講座

宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 私生活

「長い行列に並ぶ」ことに慣らされてしまった国民

(1)

私は「長い行列に並ぶ」のが大の苦手です。
これは,育った時代背景によると思ってます。

子供のころは,
駅で切符を買うにも「長い行列に並ぶ」ことは無かったです。

切符は駅員さんが全部手で売っていたからです。

ベテランの駅員さんともなると,今の自動券売機の10倍のスピードで売りさばいていたと思います。

最寄り駅は信濃町(東京都新宿区)でした。

ここは神宮球場・国立競技場へのアクセス駅なので,何かの大会があると一時に数千人の乗客が押し寄せるので有名でした。

それでも臨時券売所が設置され,駅員さんが全部手で売っていたので,10分も待たないで切符を買えた記憶があります。

(2)

子供時代は,お正月の初詣でも「長い行列に並ぶ」ことは無かったです。

両親に連れられて,毎年のように明治神宮に行きました。

明治神宮は,当時でも初詣客が日本一を誇るような所でしたが,それでも「長い行列に並ぶ」という感覚は無かったです。

どんなに人が多くても,行列は少しずつは流れていて,途中でピタッと止まってしまうことが無かったからでしょう。

(3)

話変わって,今年のサンガニチ。

2日は,家族みんなで鎌倉に行ってきました。

まずは北鎌倉の円覚寺。
普段は近くで見れない舎利殿(国宝)にもお参りしました。

お金を洗うと増える,との言い伝えがある銭洗弁天を含む源氏山公園辺りを散策したあと,仕上げは鶴岡八幡宮。

鶴岡八幡宮に到着したのは午後4時ごろでしたが,今年最初の「長い行列に並ぶ」経験をさせられました。

実朝が公暁に暗殺されたことで有名な大イチョウの石段の下で,鎌倉警察署によるロープ規制がなされていたからです。

石段で将棋倒しにでもなったら大変,との配慮でしょう。

警察官やガードマンが一帯に配置され,今どうなっているかの情報が頻繁にアナウンスされるので,「長い行列に並ぶ」のが苦手な私でも,どうにか我慢することができました。

「気分が悪くなった方は,お近くの警察官に遠慮なく申し出て下さい!」との女性警察官のアナウンスは,他の参拝客にも安心感を与えたと思います。

(4)

3日は,用事があって原宿に行きました。
お正月の原宿といえば,思い出すのは明治神宮です。

サンガニチでも3日ともなればすいているだろうと思い,表参道から明治神宮の境内に入りました。

玉砂利を踏み出してすぐ,今年二番目の「長い行列に並ぶ」経験をさせられました。

私は明治神宮の見取り図が頭に入っているので,この調子だと2時間待ちだな! と瞬時に計算しました。

でも計算違いもあるので,1時間を区切って「長い行列に並ぶ」ことにしました。

はたして1時間経過してから計算しなおしてみると,「こりゃ3時間待ちだわい!」ということになり,さっそく行列から離脱。

鶴岡八幡宮と違い,
警察官やガードマンの配置は非常に手薄でした。
今どうなっているかの情報もまったくアナウンスされません。

「気分が悪くなった方は,お近くの警察官に遠慮なく申し出て下さい!」というアナウンスなど,もちろん無し。

ざっと見渡しただけで1万人を超える参拝客が「長い行列に並ぶ」ことを強いられているのに,警視庁および原宿警察署の警備担当者は,何を考えているのか!

おとそ気分の人も多い中,心臓発作や脳梗塞等が出たらどうするのか!

怒りをおぼえながら行列から離脱してきた私の耳に入ってきたのは,「今から参拝される方は約1時間待ちです」という,警察官のアナウンスでした。

「ウソ付け!3時間待ちだぞ!」,と私が大声で言って回ったら,業務妨害罪で逮捕されるのでしょうか…。

(5)

お正月でも着物を着ている女性がめっきり減りました。

越後屋呉服店(三越)には怒られるかもしれませんが,時代の流れでしょう。

ならば,「長い行列に並ぶ」のが苦手の人がもっと増えてもよさそうですが,なぜか逆を行っているように思います。

明治神宮の3時間待ちの行列にも,みんな耐えてます。
相手が神仏だからでしょうか?

いずれにしても「長い行列に並ぶ」ことに慣らされてしまったのが,今の国民と言えるのではないでしょうか。

昔と違う,「おだやかな管理」が着々と進行しつつあるのかな?

宅建受験者の皆さま!

宅建試験だけは「長い行列に並ぶ」ことに慣れちゃ,絶対にダメですよ!

今年受かっちゃいましょう!


明治神宮にて

平成20年1月4日(金)記




宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 私生活