迷物ブランド講座

宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 私生活

外国人だけは,放射能の少ない食品を食べているのかな?

(1)

私が東京四谷の中学校に通っていた頃(1962年。昭和37年),現在の地下鉄広尾駅近くに,ナショナル麻布(National Azabu)という外国人のためのスーパーマーケットが開業しました(当時から日本人も自由に入れました)。

(2)

それから49年,ナショナル麻布は今でも元気に営業してます。

ただ,現在の経営母体は某社に変わっていて,この某社,電通や博報堂と緊密な関係にあります。

ということは,東京にある大手マスコミ関係者で,このスーパーを知らない人はいない,ということです。

(3)

3月の原発事故以来,私および私の周辺は,6ヶ月以上,徹底的な放射能防護対策を続けてます。

そんな折,夏には,役員報酬日本一で話題のカルロス・ゴーン日産自動車社長兼CEO(最高経営責任者)が,夫人と離婚騒動中で,今は一人暮らしのようだというウワサが耳に入りました。

そのゴーンさん,日本人の運転手を連れて,頻繁にナショナル麻布で買物をしているという目撃談もあります。

さらに9月になると,そのナショナル麻布では,イオンもヨーカ堂もまだ決断出来ないでいる「食材のベクレル表示」が完了している,というウワサがネット上で広まりました。

以上のような情報が入れば,私のようなニブイ人間でも,ピ~ンときます。

それが,タイトルの「外国人だけは放射能の少ない食品を食べているのかな?」という疑問です。

(4)

9月17日(土),宅建倶楽部は休みなので,早速現地調査に赴きました。

ナショナル麻布には久しぶりに行きましたが,相変わらずお客さんの半分は外国人でした。

結論を言えば,ナショナル麻布では「食材のベクレル表示」が完了しているというウワサは嘘でした。

正確には,生産者が独自に検査したベクレルの証明書を「店に張り出しているだけ」です。

そんなに広くない店内を一時間以上かけて見てきましたが,
・ 生野菜
・ 魚,ひもの
・ 肉
は,イオンやヨーカ堂と同様に,関東産・国産を平気で売ってました。

ま,外国人も日本人の庶民と同じ放射能が入った食品を食べている,ということです。

麻布や六本木周辺に住むお金持ちも,庶民と同じく放射能汚染されているでしょう。

政府の高級官僚やNHK・大手マスコミに勤務する人たち,その家族も同じでしょう。

現時点では,差別がないのでひとまず安心しました。

(5)

でも私は,同時に寂しさも感じました。

「ガンになりたくなかったら,和食から遠ざかるのが現在の最善策なのかなぁ~」という寂しさです。

・ 生野菜
・ 魚,ひもの
・ 肉

にいくら気をつけていても,日本食のダシはカツオと昆布です。

私はいま,
・ 生野菜………九州産・沖縄産・四国産
・ 魚,ひもの… 外国産
・ 肉……………外国産
以外,全然買ってません。
外食も,この半年ゼロです。

でも日本人なので,味噌汁・おすまし・うどん・ソバは欠かせません。
お鍋もタマにはつつきたいです。

でもそれらのダシって全部,海が汚染されているカツオと昆布からとるんですよね!

上に載せた写真は,9月17日(土)にナショナル麻布で買ってきた食品。スイカとイチゴはカリフォルニア産。bitter melon(にがうり)は長崎産。このほかに,カリフォルニア米も買ってきましたが,現在出回り始めた日本産新米より少し高かったです。


平成23年9月18日(日)記




宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 私生活