迷物ブランド講座

宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 宅建試験業界を斬る

更新:平成19年5月

宅建受験界のカリスマを装うのは簡単

情報の有益性を極論するなら,
・ 見た後で感じ方が変わる情報 = 有益
という式が成り立つでしょう。

今日の話が,1人でもイイから,読者の皆様を変えることが出来ますように…。

【傾向1】

宅建試験は法律の入門資格ゆえ,教材の良し悪しを見極めるのが困難。
ゴルフを始めたばかりの人,道具の選定に迷うがごとし。

【傾向2】

宅建試験は法律の入門資格ゆえ,三百代言(的外れなアドバイス)横行しやすし。
宅建関係のWebサイト,かくも乱立するがごとし。

【傾向3】

宅建試験は法律の入門資格ゆえ,挑戦者他の法律系資格より多し。
簿記3級の受験者,1級より多いがごとし。

以上3つの傾向ゆえ,
・ 入門者をケムに巻くのは比較的簡単!
・ 受験界のカリスマを装うのは比較的簡単!
・ 不動産業以外から受験者を誘導してくるのも比較的簡単
なる,二次的傾向生じやすし。

これ即ち,「業界人および業界周辺者」 が何を言っても,聡明な受験者の疑いを晴らすこと能(あた)わず要因なり。

スキマ産業と揶揄(やゆ。悪口)する識者まであり。

平成16年2月26日(木)記




スキマ産業ゆえ新規参入の宅建講座も乱立気味。
私なんか簡単に儲けていると思われがちだが,世の中そんなに甘いもんやおまへんのや!

平成19年5月追記




宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 宅建試験業界を斬る