迷物ブランド講座

宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 宅建試験業界を斬る

平成18年度【問49】は出題ミスか?

平成18年度宅建試験【問49】について,答が2つあるのではないか,という問い合わせがずいぶん来ています。

私の考えでは,【問49】の正解肢は(3)と(4)です。正解が二つ存在します。

理由は,これを問題提起された受験者の方と同じ。この方は,建築基準法関連の理解については,そんじょそこらの宅建講師より数段上です。詳しくは,下のほうに表示したリンク先を参照して下さい。

私が初めて出題ミスを指摘したのは,平成13年問45についてでした。
その時は,国土交通大臣(扇 千景さん)の秘書官をまき込んで政治的な画策までしました。

でも,当時は正解番号や合格基準点が正式発表されていなかったので,私の指摘が通ったかどうかは不明です。

二度目は,平成15年問13についてでした。
この時は,大新聞社等に「タレ込んだ」のですが,私の指摘は全然通りませんでした。
中堅予備校一社と5~6名の宅建講師の賛同を得ただけで終わってしまいました。

正直言って私は,今回の問題にはかかわりたくないです。
過去2回出題ミスにかかわって,商売上いいことが無かったからです。

でも,いかなる関係機関とも利害関係をもっていない「唯一の宅建講師」としての義務は果たしたいです。
そんな思いから,きょうの記事を書きました。今後の問い合わせはご容赦を!

リンク先(現在はページが削除されたようです )


もし(3)と(4)が正解とされた場合,(3)と(4)をマークした人の両方が,得点となるでしょう。
全員が正解となる可能性は,まずないです。

平成18年10月19日(木)記




宅建倶楽部 >> ブログによらない宅建講師のメッセージ >> 宅建試験業界を斬る